このままの生活では美味しい魚にありつけない・・・

私の地元は、魚が美味しいので、刺身や煮魚などは毎日のように食べていました。でも、上京してからは、スーパーの魚を買う気にもなれず、肉ばかりを食べるようになりました。

それでも時々魚を食べたくなり、スーパーに買いに行くのですが、刺身も見るからにマズそうなんです。やっぱり、新鮮で美味しい魚を食べて育っているので、目利きがしてしまって困っています。

だから、生では食べられないので、ぶりを買ってきて照り焼きにしたり、たらを鍋に入れたりという程度で我慢しています。

こちらの友人と居酒屋へ行くと、寿司や刺身を注文するのですが、高いのに美味しくないのでビックリします。でも、それをみんなで美味しいと言って食べているので、更にビックリしてしまうのです。感覚が合わないのも、結構辛いです。

私の親友は北海道出身なので、魚にはうるさいです。そういう感覚が私と一緒なので、気も合います。こちらで美味しい魚を食べようとすると高いので、お互いの実家に行き合ったりして、グルメツアーをやったりして楽しんでいます。

本当は、魚料理をもっと作りたいのに、売っていない魚も多く、食卓には肉料理を並べる日々です。そのせいで、少し太ったような気もしています。

食生活の面を考えても、ゆくゆくは地元に帰りたいなあと考えています。その頃には、親もいないかもしれないので、お金も貯めておこうと考えているところです。やっぱり、生まれ育った土地というのは、離れていても帰りたくなるものなのだと感じました。